外国人と付き合いたい!付き合う方法まとめ

外国人と付き合いたい!付き合う方法まとめ

外国人と触れ合える職業・職場を5つご紹介

      2016/08/09

外国人と触れ合える職業・職場
外国人と触れ合えるような仕事がしたいとは思いませんか?そういった職場で仕事をすることができれば、外国人と接することにも慣れますし、職場で出会う外国人と仲良くなれる可能性もあります。
ここでは、外国人に触れ合える機会の多い職場などをご紹介していきます。

 

1.外国人の集まるバーやパブ

外国人と触れ合える職場で一番ハードルが低いのは、外国人の集まるバーやパブです。都市部では必ず数軒あるでしょう。
外国人が多くても、クラブはおすすめできません。何故なら、お客さんとの会話はほぼ皆無だからです。
こういったバーやパブでは、働いているスタッフにも外国人がいますし、お客さんとも比較的話しやすいですから、外国人と触れ合うにはとても適しています。

 

外国人がよく行くレストランやカフェも触れ合うというだけなら可能ですが、あまりお客さんと長話ができる雰囲気ではないでしょう。

 

2.英会話教室などの語学教室

語学教室は外国人講師がいるので、数は限られるものの外国人と触れ合う機会があります。こういったところで、受付の仕事などにつければ、毎日同僚として外国人と触れ合うことができます。
ただし、毎日同じ人としか触れ合えないのが難点でしょうか。プライベートで仲良くなれば、彼らの友達にも紹介してもらえる可能性はあります。

 

語学講師は回転率も早いところが多いですから、そういうところだと、より多くの外国人と触れ合えるでしょう。

 

3.外資系企業

日本にある外資系企業で働いても、社員の比率は日本人の方が多いのですが、外国人ももちろんいます。外資系企業は、就職するにはハードルが高めですが、こういうところで正社員になれれば、海外出張などの可能性もあるので、出張先での出会いも期待できます。

 

派遣社員として入るなら、ハードルは低くなります。求人も常時それなりにあるでしょう。

 

4.通訳・翻訳会社

通訳や翻訳、特に翻訳にはネイティブチェックがかかせません。ですから、こういった会社には外国人が働いている可能性があります。
もし社内にいなくても、取引先や外注先として外国人がいるでしょう。そういった場合は触れ合う機会は少ないかもしれません。

 

5.観光地のゲストハウス

かなりおすすめなのが、ゲストハウスです。殆どの観光地のゲストハウスで外国人旅行者が泊まっていますが、外国人に人気の観光地や大都市のゲストハウスだと寧ろ日本人より外国人の方が多かったりします。東京、大阪、京都あたりがおすすめです。

 

ゲストハウスなら宿泊者との会話は自由ですし、一緒にごはんを食べたりもできます。相手が旅行者ということもあり、海外旅行がお好きな方には楽しめるお仕事でしょう。

 

まとめ

この他にも、外国人と触れ合えるような仕事は色々とあります。一期一会を楽しむなら、観光業がおすすめですが、同じ人とずっと仲良くしたいのであれば、やはり外国人と一緒に働ける職場が手っ取り早いでしょう。
たくさんの外国人と触れ合うことができれば、外国人とのコミュニケーションにもすぐに慣れますから、こういった場所で仕事をしてみるのもアリですね。

 

 - 外国人と仲良くなる方法